読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ほぼ日ブログ

まだ特になし。

身の上話 

書きたいので書いてみます。

 

私は一般家庭の長子で下に兄弟が二人、その兄弟の一人が身体障害者で、

幸い児童期に施設に入ることができ、私自身はあまり苦労がないです。

金銭面、家庭面から見て私は恵まれていて、幸せなのでしょう。

 

ここからは兄弟の一人が施設に入る前くらいの話

父は兄弟の症状が良くなるよういろいろなことを試していました。

しかし、それにはずいぶん的外れなことがありまして、

蒟蒻は知っている人がいたら教えてください。

兄弟は泣くことが多く効かなかったのでお勧めしません。

 

色々と言うほどではなかったかな。八十八か所は一回目の時は土、日と

車で回っていました。ちなみにこの時はもう一人の兄弟はおらず、

父・母・私・兄弟の四人旅でした。

八十八か所ではお札に願い事みたいなことを書いていまして、

今思うと自分勝手なことばかり書いていました。

これが欲しい、あれが欲しいという願望と、兄弟が良くなるようが

混在していて、どうなのかと。

一人一枚か二枚ほど一か所で納めるはず?だったので(あいまいで申し訳ないです。)

父・母は兄弟の分も合わせて書いていました。大変だった。

二回目はほぼ父一人でした。

この旅は兄弟に何らかの作用をもたらしたのか、兄弟は車に乗っているのが好きなので

山道を走っているときは楽しそうでしたし、そういう面ではよかったのでしょうか。

このころは兄弟が小さかったので障害でとても困った、といったことはなかったと

思うのですが、また聞いてみようと思います。

 

いきなりですが基本、私は自分のことしか考え、覚えていない人間です。

あいまいな所が多く、自身、書いていて本当に中身がないと思います。

読んでいる方がいたらご注意を、結構適当です。

 

父は施設で話を聞いて先生と一緒に考えていく、ということを母にまかせっきりです。

迎えに行ったり、お風呂に入浴させる、運ぶ以外はあまりイメージがない、

私もほとんど弟の症状やどんなことをしているのか知ろうとしていないので

なかなか冷たいと思うのです。

 

障害者のいる家庭なんて日本だけでもごまんといます。

私は兄弟と初めから一緒で過程を知っているので特に違和感等なく過ごして、

学校も分かれていたので同級生に知られることもなく、伝えると少し驚き、

併せて大変なのだろうという憐み的なものはありました。

でもまあ、自身の苦労は自分の責任なので゛兄弟のせいだ!゛とか

まったく... 嘘です少しくらいあったけれど嫌いではないんですよ。

 

今回のまとめ 色々あったような気もするが、まあまあどうにかなっているし

       幸せかなと思います。

       これまとめかな?